ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

お知らせ

全国大会が開催されました。

日時:平成30年10月11日
場所:とりぎん文化会館
報告:会長 山本実範

 今年の全国大会は、鳥取砂丘や松葉ガニで有名な鳥取県で開催されました。とりわけ「ゲゲゲの鬼太郎」の作者水木しげる氏の出身地でもあり、我が池田法人会管内の山城町は、「子泣き爺」の妖怪伝説が有名で、鳥取県とは深い縁で結ばれています。
 第1部の記念講演では、「大山どりの奇跡~35歳、どん底からの挑戦~」と題して、㈱大山どり代表取締役 島原道範氏の講演がありました。一社員からのスタートには資金繰りから始まり大変な苦労があって、現在の≪ブランドどり≫にまで成長した経緯をお話されました。
 第2部の式典では、小林会長のあいさつで「税制改正についての提言」を取りまとめ、その趣旨が理解され、提言が実現されることを強く期待すると述べられました。
 その後、各表彰と「平成31年度税制改正に関する提言」が発表され、続いて青年部会による租税教育活動の報告がありました。
 続いて大会宣言が発表になり、最後に次回開催県連「三重県連」に大会旗の伝達が行われました。

大会宣言
 われわれ法人会は、「税のオピニオンリーダーたる経営者の団体」として、「税制
改正に関する提言」や租税教育、企業の税務コンプライアンス向上に資する取組な
ど、税を中心とする活動を積極的に展開しながら、広く社会へ貢献していくことと
している。
 現在、わが国経済は、好調な企業業績などを背景に緩やかな拡大基調を続けてい
るが、自律的で力強い好循環に入ったとは言い難い。一方、国際経済面では、アメ
リカの保護主義的政策が各国との経済摩擦に発展しており、わが国にとっても看過
できないリスクとなっている。
 財政健全化は国家的課題である。消費税率引き上げの再延期に伴い、プライマリ
ーバランス黒字化目標の達成時期が大幅に延期されたが、持続可能な社会保障制度
と財政健全化の両立を目指した「社会保障と税の一体改革」の理念に立ち帰り、歳
出・歳入の一体改革を着実に実行することが極めて重要である。
 中小企業は、地域経済の活性化や雇用の確保に大きく貢献しており、わが国経済
の礎である。グローバル経済や厳しい環境変化に対応し、中小企業の力強い成長を
促す税制の確立が不可欠である。
 われわれ法人会は、「中小企業の活性化に資する税制」「本格的な事業承継税制の
創設」等を中心とする「平成31年度税制改正に関する提言」の実現を強く求める
ものである。
 創設以来、納税意識の向上に努めてきた法人会は、ここ鳥取の地で全国の会員企
業の総意として、以上宣言する。

平成30年10月11日 全国法人会総連合全国大会


法人会全国女性フォーラムが開催されました。

開催日:平成30年4月12日(木)
会 場:アイメッセ山梨
報 告:女性部会長 立川洋子

≪第1部 記念講演≫
 富士山や南アルプスを望む風光明媚な土地、山梨県甲府市。ぼたん桜やハナミズキが咲き誇る春爛漫の日差しの中で開催された「第13回 法人会全国女性フォーラム」に参加してきました。
 記念講演では、山梨県出身の元NHKアナウンサー 国井雅比古さんが「小さな旅と私~人との出会いと発見~」と題してお話されました。
国井さんは開口一番「1600名の女性の前で話すのは初めて!圧巻です。」と笑いを誘ってから、「小さな旅」という番組で日本全国を歩きながら得た体験談を中心に話されましたが、中でも印象に残っているのが、父親と娘という微妙な関係の親子が病気を得たことで会話が増えたことなど、自身が《がん》になって初めてたわいのない普通の生活ができる喜びを味わっていると話されたことです。
病を得ながらも挑戦し続ける国井さんからシャンソンのプレゼントもありました。
我々と同年齢の国井さんの生き方に共感するとともに新しいことに挑戦することで新発見があったり、仲間が増えたりすると思うと明日からの生活が充実するような気持になりました。

≪第2部 大会式典≫
 大会式典では、山梨県連女連協会長から全国の中でも一番小さな山梨県連が全国大会という大きなイベントを開催する機会を得て、女性部会の絆が深まったことに感謝すると挨拶があり、県下4単位会の活動報告がありました。最後に次回開催の富山県連へ大会旗の伝達があり、和やかな雰囲気の中で閉会。懇親会場へと移動しました。

大会宣言
 まだ雪の残る、富士山、南アルプス、八ケ岳などの山々をいただき、盆地が桃の花でピンクに染まる、ここ山梨において私たちは「第13回法人会全国女性フォーラム」を開催することができました。
 私たち女性部会は、税を中心として社会に貢献する法人会の一員として、租税教育など税の啓発活動や社会貢献活動に日々積極的に取り組んでいます。
 特に未来を担う小学生が、税の仕組みや税の大切さを学ぶ「税に関する絵はがきコンクール」は、各地域の租税教育活動の中で重要な活動となっており、今後、更にその取り組みを充実させていくこととしています。
 ここ山梨は、四方を山に囲まれ、寒暖の差が大きいことから、ぶどう、桃などの果樹王国であり、山々に育まれたおいしい水も豊富な、文字通り「山紫水明の地」です。
『輝こう!名峰富士のもと~今を創る女性の力~』
 今日4月12日は戦国武将武田信玄の命日です。甲府市内ではその遺徳を偲んで武田二十四将の騎馬行列が行われています。「人は石垣、人は城」の言葉通り信玄公は人の絆を大切にしました。
 私たち女性部会も互いに交流を深め、法人会活動を通じて、将来を支える子供たちが、適正・公正な税負担のもと、安心して暮らせる日本の未来を切り拓いていこうではありませんか。
 ここ山梨の地において、揺るぎない決意とともに以上宣言します。


第32回 法人会全国青年の集い(岐阜大会)が開催されました。

日時:平成30年11月8日・9日
場所:岐阜県長良川国際会議場 他
報告:青年部会長 橋口康彦(参加者3名)

未来を切り開く先駆けとなれ「天下布武」発祥の地岐阜から
 上記のスローガンで開催された青年の集い(岐阜大会)には、全国から2000名超の青年部会員が集まり、国や地域社会の未来を切り開くために私たち青年部会員が税や税の使途についてより深く学び、子供たちに税の使い道について考える機会を提供することによって、租税教育活動の質的向上を追求することを目的に二日間にわたって研修してきました。
 
第1日目には、全国の各局連を代表した12単位会の「租税教育プレゼンテーション」が開催されました。今回から「税の使途~その使い道について考える機会を提供する」が評価の基準として採用され、最優秀賞には金沢局連代表、金沢法人会の『税の使いみち総選挙2018~繋がる租税活動』が選ばれました。
内容は、租税教室でもらった宿題【税の使いみちシート】を家族で話し合い、完成させたものを各学校代表が競い合いグランプリを決定するというものでした。
租税教室を通じて法人会と子供、またその家族と繋がるといった切り口が新しい取り組みだと思いました。

 第2日目は、部会長サミットで「未来を切り開く先駆けとなれ~財政健全化のための健康経営推進~」をテーマに千葉大学医学部特任講師の吉村健佑先生の基調講演に始まり我が国の税制健全化について、医療費の適正化と健康経営の観点から円卓会議を行いました。

 記念式典では、女優の紺野美沙子さんによる「今私たちにできること~未来のために~」と題した講演がありました。岐阜県図書館名誉館長や国連開発計画親善大使を務めるなど幅広くご活躍をされており興味深いお話を聞くことができました。
 最後に次回開催県連 大分県連のPRで終了となり、その後の懇親会で岐阜の名物や美酒を楽しみながら、全国の部会員たちとの名刺交換・情報交換で思いを共有できたことを今後の部会活動に活かしたいと思いました。


「四国酒まつり」協賛事業
買い物用エコバッグを配布

平成31年2月23日(土)
阿波池田駅・池田バスターミナルにて、来訪者に1000枚のエコバッグを
プレゼントします。

DSCF3584

市民講演会を開催します
講 演:「アースマラソンの裏側すべて話します!」
講 師:間 寛平さん
日 時:平成31年1月17日(木)13:30~
場 所:三好市三野体育館
入場無料


税を考える週間行事
1.税制改正に関する提言 要望活動
日 時:平成30年11月
三好市長、三好市議会議長と面会して、平成31年度税制改正に
ついて、意見交換をします。
1

2.税制研修会
日 時:平成30年11月14日(水)15:00~16:30
場 所:池田税務署会議室
内 容:「知っておきたい税知識」
講 師:池田税務署長他

3.街頭キャンペーン
日 時:平成30年11月14日(水)16:30
場 所:フレスポ池田
内 容:税情報パンフレット、税金クイズの配布
2

4.税に関する作品展示
税に関する作品(小学生の作文)(小学生の絵はがき)を展示します。
期 間:平成30年11月11日~17日
場 所:フレスポ池田 フレスポひろばにて
tenji29

全国大会開催のご報告
平成30年10月11日、鳥取県において
第35回法人会全国大会が開催されました。
report_zenkoku29

ページトップに戻る