ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

お知らせ

業務連携・協力に関する協定を3団体で締結

 これまで友好団体、協力団体としての関係にあった宮崎商工会議所、一般社団法人宮崎青色申告会と当会(公益社団法人宮崎法人会)との三者は、それぞれの強みを活かしながら連携を進めていくための協議を重ね、業務連携・協力に関する協定の締結式を行いました。
▼連携・協力の内容は次のとおりです。
 ①中小企業・小規模事業者の経営支援に関する相談対応及び意見交換
 ②中小企業・小規模事業者の経営課題に対する専門家の活用・派遣
 ③中小企業・小規模事業者の会計・税務または経営に関するセミナー等の共同開催
 ④中小企業・小規模事業者の労働環境改善の取組と推進支援
 ⑤三者それぞれが企画・開始する各種セミナーや講演会等への相互協力
 ⑥相互連携・協力による中小企業・小規模事業者の新規入会の紹介
 ⑦その他三者が合意した事項
上記①と②の経営支援・経営課題については、事業承継、経営革新、資金繰り改革、税務知識の向上、記帳指導などですが、また、この連携・協力によって、具体的に最も期待されるのは、三者それぞれの会員に対する各団体のPRによる会員増強、知名度向上です。
022  025

ラジオ番組 AIG損保presents「法人会賢者の名言」放送開始!

 ラジオ番組AIG損保presents「法人会賢者の名言」は、東京エフエムをキー局にして全国17都県で毎朝放送されてきましたが、本県でも今年10月1日から月曜日~金曜日の毎朝5時55分から放送されることになりました。
この番組(5分間)は、偉大なる先人たちが遺した言葉、長く愛されときに磨かれた言葉を紹介するもので、企業経営者にとって心に響くもの、これからの座右の銘につながるようなものばかりですので、少し早起きになるかもしれませんが、お聴きいただければ幸いです。
 特に、番組内容は全国共通ですが、番組最後のAIG損保のCMの後は、地元宮崎県の法人会役員の皆様に、自己紹介・会社紹介・法人会の活動紹介をしていただく部分があり、毎月5名の皆様の声が、1か月毎に毎朝お一人ずつ、繰り返し放送されます。
 この企画は、AIG損保の御厚意により、自社PRと法人会の知名度・認知度向上を兼ねてのもので、法人会役員・会員の皆様の日頃の法人会活動の一端や法人会に対する思いが垣間見える中身になっております。
 既に、放送される役員の方々のお声の収録は、(株)エフエム宮崎のスタジオで11月放送分まで終えており、次の方々のお声が、毎朝、リスナーの皆様の耳元に届くことになります。
37ラジオ  38


青年部会 「税に関する中高生の親子短歌等コンクール作品募集」

<主  催>
公益社団法人宮崎法人会青年部会
共催:宮崎市、宮崎税務署
後援:南九州税理士会宮崎支部、宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会
国富町教育委員会、綾町教育委員会

<応募資格>
宮崎県内の中学校・高校に通う中学生・高校生

<テ ー マ>
親子短歌、標語・川柳をはじめ、書・書画等、税に関する作品(ただし、作文は除く)
・税に関して自身で思ったこと、考えたこと、体験したこと何でも結構です
・応募作品は、応募者の個人または団体が創作したもので、作文以外の未発表のものに限ります
・親子短歌は五七五七七の三十一文字、標語・川柳は五七五の十七文字とし、書・書画その他の
作品の形式は定めません

<応  募>
1人または1団体で1作品
・応募作品には、①学校名、②学年、③氏名(ふりがな)、④応募者の住所、
⑤親子短歌・標語・川柳の応募作品、⑥右記以外の作品には題名を記入いただき、
所定の応募用紙で応募ください。
・親子短歌は、上の句(5音・7音・5音)を応募者、下の句(7音・7音)を親が作り繋げた
作品とします。※詳しくは下記(別掲)を御参考ください。
応募用紙はこちら

<募集期間>
平成30年9月7日(金)必着

<提 出 先>
公益社団法人宮崎法人会青年部会
〒880-0806 宮崎市広島1丁目18番7号大同生命宮崎ビル内
TEL:0985-31-7880 FAX:0985-22-5472

<表 彰 式>
国税庁事業「税を考える週間(11月11日~17日)」に併せ優秀作品の表彰式を行います。
優秀作品は賞状と記念品を贈呈します。
*表彰式日程
日 時: 平成30年11月17日(土)13時~15時
会 場: イオンモール宮崎(宮崎市)

<発  表>
優秀作品は、学校名・学年・氏名とともに宮崎法人会ホームページや宮崎法人会が実施
する広報活動に紹介するほか、報道機関等に資料を提供する等、広く発表します。

<著 作 権>
作品は返却しません。作品の著作権は宮崎法人会に帰属します。

※「親守詩」について
親守詩とは、明星大学教授・玉川大学大学院講師である高橋史朗氏が提唱された、「子が親を思って作る詩」のことで、「親子がそれぞれの思いを詩にして伝えることで、親子の絆を深めることができます」。
「親子が親守詩を作り発表する機会を設けることで家族の大切さについて考える機会としてほしい」との思いで、日本各地の小中学校で授業され、多くの子どもたちが父母と一緒に親守詩を作っており、2013年10月には、文科省および総務省の後援のもと第1回親守詩全国大会(親守詩全国大会実行委員会(顧問:明石 要一・千葉大学名誉教授、高橋 史朗・明星大学教授))が開催されています。


平成30年度 法人会年会費請求書を送付しました

当法人会活動につきましては、日頃より格別な御支援と御協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて、当法人会はよき経営者をめざすものの団体として、納税意識の高揚、経営者をはじめ会員企業の研鑚、地域社会への貢献という3つの事業活動を柱として毎年事業の充実を図ってきております。
具体的には、最近の厳しい経営環境の変化に対応していくため、有益情報の提供、各種セミナー、研修会などを積極的に実施し、会員企業の経営基盤確立、経営の合理化等のお手伝いをさせていただいてきております。また、最近の税制改正事項等も幅広く取上げ、「法人会会報」等に掲載し、会員の皆様方のための税制改正にも貢献しております。
つきましては、こうした事業活動の趣旨を御理解いただき出費御多端の折誠に恐縮に存じますが、平成30年度の事業活動を円滑に推進するため法人会会費をこちらの振込先情報を確認の上、指定期日までに御入金をお願いいたします。


平成28年度における会費改定について

1 会費改定の理由
当会の事業活動は、近年、可能な限りの経費節減を進めながら、一方で、会員目線に立って大きく見直しを行い、かつてない充実度に達してきておりますが、多くの会員からは、尚一層の研修会・講演会等事業内容の量・質のレベルアップ、魅力アップを求める声が寄せられており、合わせて、組織の活力向上の原点である支部活動の活性化が不可欠であるとの御意見も多数いただいております。
しかしながら、これらの御意見を反映した事業活動・支部活動に取り組んでいくためには、現在の予算規模では困難なため、今回、会費改定案を総会にて上程させていただき、平成28年度以降の事業計画は、事業活動と支部活動のボリュームアップ、レベルアップを図ってまいりたいと存じます。

2 会費の改定
資本金300万円以上の本店法人と出資金のない公益法人等を中心に、現行の年会費7,000円から10,000円への引き上げを行うとともに、基幹法人以外のグループ法人及び支店・営業所等についても、引き上げを行います。

3 新たな会費基準について  (新たな会費についてはこちら)


株式会社 宮崎銀行との「業務連携・協力に関する覚書」の締結について

~法人会会員企業の融資申し込み時、所定の融資利率から最大0.5%優遇~

宮崎県法人会連合会(会長 塩月光夫)は、税務コンプライアンスの向上と、内部統制や経理水準の向上により、地域企業の成長を促すため、株式会社宮崎銀行(頭取 平野 亘也)と「業務連携・協力に関する覚書」を締結しましたのでお知らせいたします。
1.目的
地域の中小企業の育成支援等を通じて、地域経済の社会の繁栄・発展に貢献すること。

2.業務連携・協力の内容
1)宮崎県法人会連合会が進める「自主点検チェックシート(※)を活用した税務コンプライアンスの向上」
に取り組む企業に対する円滑な金融支援
2)地域中小企業の経営体質の強化、経理水準の向上に資する取り組み
3)それぞれが行う各種セミナーや講演会等への相互協力

「自主点検チェックシート」
「公益財団法人全国法人会総連合」作成、「国税庁」後援、「日本税理士会連合会」監修による、企業の内部統制面や経理面に関する自主点検を具体的に実施するためのツール。内部統制や経理水準の向上を図るための、約80以上にわたる項目を自主的にチェックできるもの。

3.覚書締結日
平成28年4月28日(木)

4.融資利率の優遇について
対象 一般社団法人宮崎県法人会連合会傘下の県内各法人会
【宮崎法人会、都城法人会、宮崎県北法人会、高鍋西都法人会、小林法人会、日南串間法人会】の会員企業
条件 融資の申し込みに際し、上記の各法人会が発行する「自主点検チェックシート活用証明書」があれば、株式会社宮崎銀行所定の融資利率から最大0.5%優遇いたします。
本件に関するお問い合わせは、当会まで御連絡ください。
なお、金利優遇の対象となる商品については株式会社宮崎銀行 営業統括部(0985-32-8223)へ御確認ください。

ページトップに戻る