ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

事業内容

法人会は、税制に関する様々な活動を始めとする全国共通の活動に加えて、それぞれの地域の実情に応じた特色ある活動を行なっています。
 

税制改正提言事業

公益財団法人全国法人会総連合(以下、全法連)では毎年、全国の中小企業の租税負担の軽減と合理・簡素化及び適正公平な課税、税制・税務に関する提言を行うため、全国各法人会から税制に関する意見要望を取りまとめて、税制改正の提言を決議し、法人会全国大会で発表後、関係機関等に対し要望活動を行っています。全法連では、決議された要望事項を有効なものとするため、国レベル・県連レベル・単位会レベルで関係機関等に対し要望活動を行っています。当会は、法人会全国大会で発表された税制・税務に関する提言を、国会議員・宮崎県・宮崎市に提出しています。
 

租税教育事業

租税教室

次代を担う児童の皆さんに、税がこの社会で果たしている役割の重要性を正しく理解し、関心を持っていただくため、各地の法人会では様々なイベントを行うほか、法人会青年部会が小学校・中学校を訪問して「租税教室」を実施するなど、多彩な租税教育活動を展開しています。平成24年度からは、高校生を対象とした租税教室も開催しています。

税金クイズ

青年部会の活動として、市内小学生高学年を対象に税金についての理解と関心をもっていただくことを目的として、租税・歴史・地理を出題文に「税金クイズ大会」を開催しています。イベントに参加することで楽しさを得られると同時に、税を身近なものとして感じられるような内容としています。また、宮日こどもに新聞に年3回税金クイズを掲載し、メディアを使った長期間での広報活動の中で、社会人はもとより、多世代に発信力のあるメディアを選定して取り組んでいます。

税に関する絵はがきコンクール」作品募集

女性部会では、市内小学生高学年を体操に税の大切さ、税の役割等について理解と関心を深めていただくことを目的として「税に関する絵はがきコンクール」を開催しています。応募していただいた作品の中から最優秀賞・優秀賞・女性部会長賞・奨励賞を審査し、入賞者には賞状と副賞を贈呈します。最優秀賞作品につきましては、全法連が実施するコンクールに出展します。
 

経済・経営等セミナー事業

会員をはじめ、広く一般の企業及び市民wお対象として、経済・経営・地域環境問題や健康維持増進などさまざまなテーマを選定し、地域企業の健全な発展を目的に経営に関するセミナーを開催しています。幸士には、税理士・社会保険労務士・経営コンサルタント・弁護士等、選定したテーマについての専門家を招いて、政治・経済・経営絵・芸能・健康・一般教養・スポーツ・文化など、幅広い分野にわたるセミナーを無料で開催しています。
 

社会貢献事業

無料親子映画会

平成11年から地域社会貢献活動の一環として、宮崎市内・東諸県郡の幼稚園児を対象に無料で親子映画会を開催しています。誰でも参加することができ、こどもたちが社会において健全に育つお手伝いをすることを目的に毎年企画しています。

献血運動

日本赤十字社血液センターと協力し、献血の必要性をホームページや会員を通じて広く呼びかけを行いながら、毎年2月の血液不足に実施しています。献血者には粗品を配布し、献血の断続的な実施を呼びかけています。

EM菌の普及活動

女性部会では、少しでも社会へと貢献するために、地域社会貢献活動の一環として女性部会長を中心に平成21年より、公害を出さない環境にやさしい「EM菌発酵液によるエコ活動」を開始しました。EM菌を入れた石鹸を作って配布するなど、一般市民の家庭や職場に輪を広げて行う、女性経営者ならではの活動を目指しています。
 

会報発行事業

各種情報を満載した宮崎法人会情報誌「ACTIVE」を季刊(年4回)発行しています。宮崎税務署提供の国税に関する情報や、税制改正事項、研修会や社会貢献活動に関する報告などの掲載を積極的に図り、会員企業から広く一般まで配布しています。
 

税の広報事業

ホームページによる税情報の発信

ホームページでは、各種の研修会・講習会・地域イベントの開催要領を掲載するとともに、法人税、消費税、相続税、資産税等国税を中心に記事を掲載しています、

税情報の提供・広報活動

横断幕やバスなど、幅広い環境を利用して税についての広報活動を行っています。
 

会員支援事業

青年部会・女性部会活動

運営に携わっている、青年部会・女性部会が当年度活動方針、重点施策等につき協議を行い、目的実現に向け意識統一を行うことを目的としています。

部会視察

青年部会・女性部会では、経営に役立つ施設等の見学会を行っています。現地までは税務研修会を行い、税に関する知識を深めるとともに参加者との交流を深めることを目的としています。

ページトップに戻る