ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

女性部会

女性部会は女性の視点により、税務に関する理解を深め、経営の向上に資する研究と自己啓発を図るための事業を行い、併せて、会員相互の情報交換と親睦を深めるとともに、本会の事業運営にも積極的に参加協力することを目的としています。

 

 

・・・ ご入会のお申込み、お問い合わせは事務局まで ・・・

 

入会申込書はこちら

 

 

「第4回 税に関する絵はがきコンクール」入賞作品

 

たくさんのご応募ありがとうございました

 


<中川税務署長賞>

 

港楽小学校6年生 川島 彩葵さん

 

<中川法人会長賞>
明正小学校5年生 風岡 穂乃香さん
<青年部会長賞>
篠原小学校5年生 原 彩華さん
<女性部会長賞>
大手小学校6年生 遠藤 実咲さん

 

 

応募作品展示のお知らせ

 

【小学生サッカー大会 あおなみカップ2016 大会会場】

※ ご応募いただきましたすべての作品を展示いたします ※

   ・ 展示期間 : 平成28年12月3日(土)・4日(日)

   ・ 展示時間 : 8:30 ~ 16:30(2日目は15:00まで)

   ・ 展示場所 : 名古屋港サッカー場 2階

 

【中川区役所】  TEL 052-362-1111(代表)

※ 入賞作品と中川区内小学校のみなさんからご応募いただきましたすべての作品を展示いたします ※

   ・ 展示期間 : 平成28年12月5日(月)~16日(金)

   ・ 展示時間 : 8:45 ~ 17:15

 

【港区役所】  TEL 052-651-3251(代表)

※ 入賞作品と港区内小学校のみなさんからご応募いただきましたすべての作品を展示いたします ※

   ・ 展示期間 : 平成28年12月8日(木)~16日(金)

   ・ 展示時間 : 8:45 ~ 17:15

 

 

 

「第4回 税に関する絵はがきコンクール」作品を募集します

 

法人会女性部会では、小学生への租税教育活動として、毎年、「税に関する絵はがきコンクール」を実施しています。租税教室などを通じて、学童に”税の大切さ”や”税の果たす役割”について学んでもらい、その知識や感想を”絵はがき”にすることで、税に対する理解をより深めてもらうことが目的です。

 

 

 

募集内容

◆テーマ◆
 税に関する絵(税金で造られている建物・施設・税金で購入されている物品、税金で行われている仕事など)であれば何でも構いません。

◆応募資格◆
 名古屋市中川区及び港区の小学生が対象です。

◆応募点数◆
 1人1点で未発表の作品に限ります。

◆応募方法◆
 チラシ付属の「専用はがき」または「官製はがき」にてご応募ください。
 「専用はがき」でのご応募は表面の枠内に氏名等をご記入ください。
 「官製はがき」でのご応募は、小学校名・学年・住所・電話番号・氏名をはがき表面に必ず記入、
 またはチラシ右下の応募用紙を貼りつけて下さい。(応募用紙はこちらからダウンロードできます。)

◆応募先◆
 (一社)中川法人会「税に関する絵はがきコンクール」係まで郵送してください。

◆応募締切◆
 9月30日

◆審査◆
 応募作品は応募者全員の中から校正に審査を行い選定致します。

◆表彰・発表◆
 審査結果(入選作品)は当会ホームページまたは広報誌にて発表するとともに当会事務局を通じてご本人または学校に通知いたします。(11月下旬予定)
 なお、優秀作品につきましては公益財団法人全国法人会総連合(女性部会)が実施するコンクールに出展します。
  ●中川税務署長賞 1点     ●中川法人会女性部会長賞 1点
  ●中川法人会長賞 1点     ●中川法人会青年部会長賞 1点

◆注意事項◆
 ➀応募作品に関する権利は、ご応募と同時に主催者である一般社団法人中川法人会に帰属します。
 ➁応募作品の返却はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
 ➂応募作品は法人会ホームページやパンフレット等への掲載、または法人会が行う事業において展示することがあります。
 ➃応募者の個人情報は入選者等への連絡や表彰状の送付、展示などの「税に関する絵はがきコンクール」事業の実施のためのみに使用します。

 

 

 

過去の中川税務署長賞

 

** 第3回 **

** 第2回 **

** 第1回 **

常磐小学校 松下 由依さん

荒子小学校 犬飼 太一さん

中島小学校 田平 椎以奈さん



使用済切手回収にご協力ください

「小さな善意の結集で大きな善意を世界のこども達に届けましょう」を合言葉に、社会貢献事業の一環として10数年前から使用済切手を中部善意銀行へ預託しています。

 

この使用済切手の収益は、中部善意銀行を通じて発展途上国の人々の医療品・教材などに充てられます。


ページトップに戻る