ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

活動報告

電子納税推進宣言㏌おかやま

岡山県下における電子納税推進に向けて、金融機関(日銀支店、県銀行協会の20行、県信用金庫協会8行など)と税務関係の官公庁(税務署、県市町村)が令和元年11月25日、岡山県銀行協会会館において推進宣言式を開催しました(宣言書はこちらから)。これは、令和元年10月に地方税共通納税システムの導入により、国税・地方税の納付における納税者の利便性・利用メリットがより一層向上等することから、関係機関が一丸となって取り組むことを宣言したものです。宣言式には、県下の金融機関及び官公庁の税務関係者並びに法人会、税理士会、青色申告会、納税貯蓄組合、間税会も後援団体として出席しました。(写真右:左から広島国税局 洗川徴収部長、税理士会県支部連 田中会長、納貯連 木村会長、県青連 岸本会長、県法連 橋本副会長、県間連 山田専務理事)

電子納税推進宣言推進宣言協賛団体

 

平成30年7月西日本豪雨災害関係

<義援金の贈呈・2回目:令和元年12月>

岡山県法連では、福利厚生制度のビッグハートネットワークの社会貢献事業の一環として、岡山県に被災者支援に活用いただくため義援金を贈呈しました。また、岡山県からお礼状(こちらをクリック)が届きましたのでご紹介します。

(写真左:松田会長から菊池副知事に贈呈、写真右:左側から、中井AIG損保㈱岡山支店長、小田大同生命㈱岡山支社長、松田県法連会長、菊池副知事、安部大同生命㈱中国地区営業本部長、東AIG損保㈱中四国事業本部長)

<義援金を贈呈:平成30年8月>

この度の豪雨災害に関しましては、早々に、全国法人会総連合様、熊本県法人会連合会様、大分県法人会連合会様、相模原法人会様、大同生命保険株式会社様、AIG損害保険株式会社様、アフラック生命保険株式会社様から義援金をいただきありがとうございました。さらに、多くの方からご支援のお声掛けをいただき感謝申し上げます。お送りいただいた義援金につきましては「平成30年7月豪雨岡山県災害義援金」として日本赤十字社岡山県支部に贈呈させていただきました。(岡山県からお礼状をいただきました。お礼状はこちらから

また、厚生制度の経営者大型総合保障制度に係る社会貢献活動「ビッグハート・ネットワーク」におきましても義援金を日本赤十字社岡山県支部に贈呈されましたのでご報告いたします。ありがとうございました。

岡﨑会長(写真左)から伊原木知事(写真右)に義援金目録を贈呈

岡﨑会長(写真左)から伊原木知事(写真右)に義援金目録を贈呈

 

税に関する提言活動

 公平で健全な税制の実現を目指して会員企業の意見や要望を反映しながら、税のオピニオンリーダーとして税のあるべき姿や将来像を見据えて建設的な提言を行っています。

 法人会の提言活動は、法人税の引下げなどをはじめ、同族会社の留保金課税制度の抜本的見直し、事業承継の創設など中小企業の活性化に資する税制の構築に寄与しています。

三重大会(令和元年10月3日)

令和元年10月3日全国大会が三重県「津市産業・スポーツ会館(サオリーナ)」で開催され、岡山県下法人会から39名が参加し、「令和2年度税制改正に関する提言」と次の4つのスローガンが採択されました。また、単位会表彰は会員増強の部で西大寺、岡山東、岡山西、児島、真庭法人会、厚生制度の部で岡山西、玉野、児島、西大寺、倉敷、津山、井笠、新見法人会が表彰されました。

・経済の再生と財政健全化を目指し、歳出・歳入の一体的改革を!

・適正な負担と給付の重点化・効率化で、持続可能な社会保障制度の確立を!

・中小企業は日本経済の礎。活力向上のための税制措置拡充を!

・中小企業にとって事業承継は重要な課題。本格的な事業承継税制の創設を!

式典参加者席

鳥取大会(平成30年10月11日)

鳥取市「とりぎん文化会館」で開催された鳥取大会には岡山県下法人会から34名が参加しました。

(写真左から、コナンと鬼太郎、書道パフォーマンス作品による歓迎、小林会長あいさつ)

鳥取大会コナンと鬼太郎鳥取大会書道鳥取大会会長あいさつ

県法連アンケートを実施

岡山県法人会連合会では、平成30年7月~8月において岡山県行財政(・県税)に関してのアンケート調査を県内13法人会の役員495名を対象に実施しました。初めての試みでもあり、実施時期が西日本豪雨災害の直後であったため、237名からの回答となりました。回答率は5割を下回ったものの県政等に対しての意見要望等を把握することができました。なお、アンケート結果は、岡山県や岡山市への提言に参考とさせたいただきます。ご協力ありがとうございました。(アンケートの設問・結果はこちらから)

 

 

提言活動の状況

岡山県法人会連合会は、岡山東法人会・岡山西法人会・西大寺法人会と連携協力し、岡山県知事、岡山市長、国会議員等に、また、県内各法人会も管内の市長、地元選出の国会議員等に税制提言を行っています。

 

R2.11.30 伊原木県知事及び波多県議会議長に対して提言活動を行い、松田会長から「令和3年度税制改正に関する提言(全法連)」を手渡しました。コロナ禍における中小企業の状況をよく理解していただきました。知事提言には、山陽新聞とNHKの取材があり、当日のNHKでニュース放映されました。(写真左は伊原木知事、写真右は波多議長への提言書手交状況)

R2.11.28 県連では単位法人会と連携し、衆議院議員1・2区、参議院選挙区の国会議員を対象に「令和3年度税制改正要望会議」実施しました。会議には、県連会長及び1区2区の管内法人会の会長や税制担当役員等の計12名、国会議員は1区の逢沢議員、2区の山下議員、参議院の石井議員、小野田議員(ほか秘書4名)の出席いただき、提言内容を大森県連副会長、田中税制副委員長が説明し、各単位会の会長等から議員へ提言書を手渡しました。その後、議員全員からごあいさつと提言要望に対してのご見解等をいただきました。(写真左から松田県連会長 あいさつ、大森副会長 、田中税制副委員長の提言内容説明)

提言書の手交(写真左からから、石井参議院議員、小野田参議院議員、逢沢衆議院議員、山下衆議院議員)

R2.11.18 岡山市の大森市長及び市議会 浦上議長、松田副議長に対して提言活動を行いました。松田会長から提言書を手渡し、固定資産税の見直し等を要望しました。コロナ禍でもあり、松田会長、大森副会長、田中税制副委員長ほか計7名が出席しました。(写真左:大森市長への提言提言書手交、写真右:浦上議長への提言状況)

R2.6.11 令和2年度第一回目の県連税制委員会を開催し、県下単位会の税制改正に関する意見・要望をもとに、岡山県法人会連合会の令和3年度税制改正提言・意見をとりまとめ、全法連に提出しました。詳しくはこちら〈岡山県法人会連合会要望意見〉をご覧ください。
 R1.12.04 比例区選出の国会議員(衆議院3名、参議院1名)の事務所において、議員秘書に令和2年度税制改正に関する提言の概要を説明、提言書を手渡した(12月2日~4日)。
R1.12.01 本年度は、新たな試みとして「令和2年度税制改正要望会議」開催し、国会議員への提言を行いました。会議には、法人会から県連及び各単位会の会長や税制担当役員等の計35名、県選挙区選出の国会議員は衆議院議員4名、参議院議員2名(秘書7名)の出席があり、提言内容を大森県連税制委員長、田中税制副委員長が説明し、選出選挙区ごとに各単位会の会長等から議員へ提言書を手渡しました。その後、出席議員の全員からごあいさつと提言要望に対してのご見解等をいただきました。(写真左:松田県連会長 あいさつ、写真右:大森県連税制委員長 提言内容の説明)

(提言書の手交 、写真左から:石井正弘議員、小野田紀美議員、橋本 岳議員)

 

(国会議員あいさつ:写真左 逢沢一郎議員、写真右 山下貴司議員)

 

 R1.11.28  伊原木県知事及び蓮岡県議会議長に対して提言活動を行い、松田会長から「令和2年度税制改正に関する提言(全法連)」を手渡しました。14名が参加し、知事には中小企業の状況をよく理解していただきました。(写真左・中は伊原木知事への提言書手交、写真右は蓮岡議長への提言状況)

 

R1.11.25  岡山市の大森市長及び市議会 浦上議長に対して提言活動を行いました。松田会長から提言書を手渡し、固定資産税の見直し等を要望しました。松田会長、大森副会長、田中税制副委員長ほか計15名が出席しました。(写真左:大森市長への提言提言書手交、写真右:浦上議長への提言状況)

 

R1. 6. 9 令和元年度第一回目の県連税制委員会を開催し、県下単位会の税制改正に関する意見・要望をもとに、岡山県法人会連合会の2020年度税制改正提言・意見をとりまとめ、全法連に提出しました。詳しくはこちら「2020度税制改正要望(岡山県連)」をご覧ください。
H30.11.20

AM10:30~

岡山市の大森市長及び市議会 宮武議長、田尻副議長に対して提言活動を行いました。本年度は「平成31年度税制改正に関する提言(全法連)」のほか「岡山市行政等に対する提言(岡山市への提言書はこちらから)」について、岡﨑会長から提言書を手渡し、今般の西日本豪雨災害の早期復旧と抜本的な防災・減災、固定資産税の見直し等を要望しました。岡﨑会長、大森副会長、田中税制副委員長ほか8名が出席しました。(写真左:大森市長への提言状況、写真右:宮武議長、田尻副議長への提言書手交)

 

 H30.11.20

AM11:30~

伊原木県知事及び波多県議会副議長に対して提言活動を行い、岡﨑会長から「平成31年度税制改正に関する提言(全法連)」、また、本年7月~8月に実施した岡山県行財政等に関するアンケートを踏まえた「岡山県行財政等に関する提言」(岡山県への提言はこちらから)を手渡しました。知事及び副議長とも予定時間を大幅に超過しての提言となりました。(写真左・中は伊原木知事、写真右は波多副議長への提言書手交状況)

 

 H29.12.5 岡山市長及び市議会議長に対する提言活動を行い、岡﨑会長から平成30年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、行財政改革の徹底と税金の使い方、 固定資産税の見直し等を要望しました。岡﨑会長、大森副会長、姫井岡山西法人会税制委員長ほか7名が出席しました。(写真左:大森市長への提言、写真右:宮武市議会議長への提言状況)

 

H29.12.5 岡山県知事及び岡山県議会議長に対する提言活動を行い、岡﨑会長から提言趣意書及び平成30年度税制改正に関する提言書を手渡しました。なお、県知事への提言では、山陽新聞社の取材があり、翌日の山陽新聞に提言内容等の記事が掲載されました。(写真左は伊原木知事、写真右は伊藤県議会議長への提言書手交状況)

 

H29.6.13 県連税制委員会を開催し、県下単位会の税制改正に関する意見・要望をもとに、岡山県法人会連合会の平成30年度税制改正提言・意見をとりまとめました。内容は、地方においては景気回復の兆しは感じられず、経済政策や税負担の軽減、消費税の軽減税率制度の見直しなどとなっています。詳しくは平成30年度税制改正提言(岡山県法人会連合会)をご覧ください。なお、県連の提言・意見は全法連に提出しました。
H28.11.29 岡山市長及び市議会議長に対する提言活動を行い、岡﨑会長から提言趣意書及び平成29年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、 固定資産税の見直し等を要望しました。岡﨑会長、大森副会長、田中税制副委員長ほか9名が出席しました。(写真左から、大森市長、宮武議長)

 

H28.11.15~11.22 衆議院議員3名(比例区選出)及び参議院議員3名(県選出、全国)の各議員事務所を訪問し、平成29年度税制改正に関する提言書を手渡し、提言事項の説明と実現への取り組みを要望しました。
 H28.11.9  岡山県知事及び岡山県議会議長に対する提言活動を行い、岡﨑会長から提言趣意書及び平成29年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、住民税の超過課税等の見直し、また、消費税の軽減税率導入に伴う法人事業税の外形標準課税は拡大すべきでないことなどを要望しました。なお、大森副会長・税制委員長から「税に関する絵はがきコンクール」の金賞4点の作品を渡し庁内掲示をお願いしました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
      H28.6.14 県連税制委員会を開催し、県下単位会の税制改正に関する意見・要望をもとに、岡山県法人会連合会の平成29年度税制改正提言・意見をとりまとめました。詳しくは平成29年度税制改正提言(岡山県法人会連合会)をご覧ください。なお、県連の提言・意見は全法連に提出しました。 DSC03175
 H27.11.28  斉藤鉄夫衆議院議員(公明党税制調査会長)に木谷税制委員長ほか3名が面談し、平成28年度税制改正に関する提言要望を行いました。特に、地方経済は未だ厳しい状況にあることを説明し、法人税実効税率引き下げに伴う代替財源は中小企業に配慮するよう要望しました。  斉藤税制会長
H27.11.27  岡山市長、岡山市議会議長に対して、提言趣意書及び平成28年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、 固定資産税の見直し等の要望事項を説明しました。岡﨑会長、木谷税制委員長ほか11名が出席しました。  市長
 H27.11.24  岡山県知事、岡山県議会議長に対して、提言趣意書及び平成28年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、 中小企業の現状を説明し、法人事業税の外形標準課税は拡大すべきでないことや事業所税の廃止等を要望しました。岡﨑会長、木谷税制委員長ほか9名が出席しました。  県知事
 H27.11.16~18 県選出の衆議院(比例区)及び参議院の議員事務所を訪問し、平成28年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに要望事項を説明しました。
H27.6.9 県連税制委員会を開催し、県下単位会の税制改正に関する意見・要望をとりまとめ、平成28年度税制改正に関する要望(県連意見)を全法連に提出した。
H26.11.25 岡山市長、岡山市議会議長に対して、提言趣意書及び平成27年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、 要望事項を説明しました。
H26.11.18 岡山県知事、岡山県議会議長に対して、提言趣意書及び平成27年度税制改正に関する提言書を手渡すとともに、 要望事項を説明しました。
H26.11.10 比例区選出の参議院議員に対して、提言趣意書及び平成27年度税制改正に関する提言書を送付しました。
H26.10.16 宇都宮市で開催された全国大会に県連及び各単位会から22名が参加し、平成27年度の提言等の採択を確認した。
H26.6.11 県連税制委員会を開催し、県下の各単位会の意見・要望を踏まえ、県連としての「平成27年度税制改正に関する提言」をとりまとめ、全法連に提出した。

租税教育活動等

 次代を担う児童の皆さんに、税の重要性を正しく理解し、関心を持っていただくため、各法人会では様々なイベントを行っています。

 また、法人会役員が地元の小学校を訪問し、税についての演劇や紙芝居を行うなど、工夫を凝らし、楽しく学んでいただける「租税教室」を開催しています。

 

法人会劇団 吉川小学校
瀬戸法人会青年部の「法人会劇団 ぜいゆうぞう一座」による租税教室 岡山西法人会女性部による租税教室

 

税の啓発・普及

地域のイベントなどに参加し、難解で近づきにくい税のイメージを解りやすく表現した租税教育用テキスト等を配付したり、クイズや税に関するアンケートを行っています。

知って得する税金
租税教育用テキスト

『タックスフントとけんたくん』

(岡山東法人会女性部会)商店街の誓文払に合わせ、「知って得する税のクイズ」「e-Taxの体験」「税理士による無料相談」コーナーなどによる税の啓発活動を実施
イベントで税の紙芝居 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(西大寺法人会) 映画のロケ地五福通りで「西大寺五福通りレトロ・マルシェ」の開催に合わせて、会場の一角で租税教育用の紙芝居『カッパのいたずら』を上演 (玉島法人会) 「玉島ふるさとふれあい物産展」に参加し、税金クイズやe-Tax体験コーナー、『税』についての習字・絵はがきの入賞作品のパネル展を設け、また、税に関するチラシやクリアファイル、ポケットティッシュ配布等の活動を実施

 

おかやま弁税金カルタ

 税金について、楽しく学んでいただくために「税金カルタ」を作成しました。 岡山弁をふんだんに取り入れましたので、より親しみやすく、遊びながら学ぶことができます。学校や職場などでぜひご利用ください。

岡山弁かるた

紙芝居「ぜいきんのことならももたろう」

 税の重要性を考えていただくために(公社)岡山東法人会女性部と「桃太郎からくり博物館」住宅正人館長のご協力のもと「ももたろう」を題材として紙芝居を作成しました。学校などでぜひご利用ください。

ぜききんのことならももたろう かみしばい

カルタ・紙芝居の貸し出し申し込みは、「お問い合わせ」から

 

デジタルサイネージで税の啓発

岡山県法人会連合会では、税を考える週間行事の一環として、平成27年度から毎年11月(1ヶ月間)に岡山駅周辺のデジタルサイネージを使用し法人会の活動内容等を周知しています。

 

<令和2年度>

令和2年度も前年同様に「岡山駅南地下道の大型デジタルサイネージ」を使用し11月の1ヶ月間広報しました。新型コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策の税制措置を周知するため、放映時間を倍の30秒として、税制措置の項目を中心に放映しました。

<令和元年度>

令和元年度も前年同様に「岡山駅南地下道の大型デジタルサイネージ」を使用し11月の1ヶ月間広報しました。本年は特にe-taxの普及推進のため、全画面を使用したデザインとし、「電子納税推進宣言㏌おかやま」(11/25開催)を応援しました。

南地下道ビジョンR1.11南地下道ビジョンR1

 

<平成30年度>

平成30年11月は、昨年と同じ岡山駅南地下道のデジタルサイネージ(60インチ・6面)を使用しての広報です。本年は、来年10月に導入される消費税軽減税率と軽減税率補助金制度、県連で作成した税金クイズアプリを新たに周知することとしました。また、絵はがきコンクールの優秀作品を29年度作品に入れ替えました。

地下道軽減税率地下道絵はがき

<平成29年度>

平成29年11月は、岡山駅南地下道(岡山駅と岡山イオンを結ぶ地下道)のデジタルサイネージ(60インチ・6面)を使用しました。法人会の理念とe-Taxの普及、絵はがきコンクールの優秀作品等の放映画像により税の啓発を行いました。

 南地下道1  南地下道2
<平成28年度>

平成28年11月は、JR岡山駅地下改札口にあるアドビジョン8(デジタルサイネージ:60インチ画面8面)により、税務コンプライアンスの向上、活動内容やe-Taxの普及の画像を放映しました。(平成27年11月も同一の箇所で実施)

駅地下画像  コンプライアンス 活動内容 e-Tax

 

地域社会への貢献

 企業も地域社会の発展に進んで貢献すべき近年、法人会では、企業のこれらの活動を支援しながら、様々な社会貢献活動に取り組み、地域のイベントの共催など、地元に根付いた活動をしています。

 これらの活動の中には、地元TV・新聞にも取り上げられ活動の範囲はますます広がっています。

単位法人会の活動状況

<玉野法人会>

 玉野婚活  玉野法人会青年部会では、会議所青年部と合同で婚活事業を行っています。

<新見法人会>

新見東北大震災見舞い 新見法人会女性部会は、会議所女性会と「もーったいない市」(家庭で眠っている使える物を持ちよるフリーマーケット)の開催し、収益金を講演で来岡した南三陸ホテル観洋の女将を通じて現地の教育委員会に寄付

<倉敷法人会>

倉敷写真 倉敷市(倉敷アイビースクエア)で開催 。講演講師は評論家で拓殖大学客員教授の石平氏演題は「中国経済・政治情勢と日中関係の行方」

<井笠法人会>

井笠手作りローソク  井笠法人会女性部会では、市内の環境フェアにブース出店し、税金クイズに参加した方に、廃食油で製造したアロマキャンドルを配付。

<津山法人会>

花一杯運動 津山法人会女性部会では、津山税務署管内の主要な地点(駅、税務署、観光センター、商工会館など)の環境整備のため、花いっぱい運動の奉仕作業を行っています。(平成10年から年2回継続)

<児島法人会>

【児島】H28.1県法連会報画像 児島法人会青年部会は婚活イベントを開催、今後も出会いの場を提供し、児島の未来を明るくします。

<真庭法人会>

福祉施設清掃作業 真庭法人会女性部会では、市内の福祉施設の慰問と奉仕作業を平成16年度から継続して行っており、これまでに車いす等の寄贈や施設内外の清掃を実施。

<高梁法人会>

 高梁花一杯2  高梁法人会女性部会では、「備中高梁駅花いっぱい運動」を実施しており、駅舎の改築工事で撤去されていましたが、新駅舎の完成に伴い、新しい花スタンドを駅舎入り口に設置。
 高梁法人会女性部会では、「備中たかはし松山踊り」の会場に浴衣の着付けコーナーを設けて、観光客や外国の方に浴衣の貸し出しと着付けの指導。

 

絵はがきコンクール

法人会では、租税教育活動の一環として、単位法人会の女性部会が主体となり、小学生を対象に「税に関する絵はがきコンクール」を全国的に実施しています。

県内各単位法人会の入賞作品は、岡山コンベションセンター(ママカリフォーラム)2階確定申告会場の待合室に期間中掲示しております。是非、ご覧下さい。(次の写真は平成29年2月16日から3月15日の分です。)絵はがき展示1絵はがき展示3絵はがき展示2
 次の写真は平成27年2月から3月の展示状況です。絵はがき展示

<岡山西法人会>

 岡山西絵はがき表彰  岡山西法人会「税に関する絵はがきコンクール」表彰式

 

税についての作文

法人会では、納税貯蓄組合連合会が主催する「中学生の税に関する作品(作文・習字)」募集に共催しています。

岡山県連会長賞等の受賞作品をご紹介します。「税についての作文」のページをご覧ください。

 

<新見法人会>

 新見作文表彰2 新見法人会では平成27年11月、税を考える週間行事として新見阿哲納税貯蓄組合連合会と共催し、中学生の税に関する作文・習字の表彰式を実施。 作文の部では哲西中学校1年加藤悠さんが「中国地方法人会連合会会長章」を受賞しました。(平成27年度(第49回)受賞作品をご覧ください。)

 

 青年部会・女性部会

岡山県下の各法人会に青年部会及び女性部会が組織されており、法人会の中心となって、租税教育をはじめ各種事業活動に取り組んでいます。

特に、租税教育では、青年部会と女性部会が連携、協力しながら、租税教室や税に関する絵はがきコンクールを実施しています。

青年部会

各法人会青年部会の連携及び活動の強化を図るため、各法人会が持ち回りで「青年の集い」を開催しています。昭和59年度に第1回が開催されてから、本年(令和元年度)で36回目を迎え、倉敷法人会青年部会の主管により、倉敷美観地区にある「新渓園」において開催されました。

この「青年の集い」には毎年、 各青年部会から多くの部会員が参加し、租税教育活動等の意見交換を行うほか、親睦と交流も深めています。

令和元年10月16日、県下青年部会員ほか147名が参加し、第36回青年の集い(倉敷大会)が倉敷美観地区、大原美術館の南側にある「新渓園」で開催されました。大会では、倉敷法人会、西大寺法人会から租税教育活動の事例発表があり、また、大久保健作氏(倉敷木材㈱代表取締役)による「高梁川流域からみる持続可能な社会と企業活動」と題しての講演では、企業経営者のあり方を考えることができました。その後、大原美樹幹の見学、懇親会と続き、部会員の親睦と交流を深めることができた一日でした。(写真左から、新渓園入口、鎌坂会長あいさつ、大原美術館、懇親会)

 

平成30年10月19日第35回青年の集い(西大寺大会)が国立療養所長島愛生園で開催されました。大会には、岡山県下青年部会員103名が参加し、租税教育活動の事例発表、長島愛生園ならびにハンセン病の歴史について研修が行われました。租税教育活動の事例発表を行った西大寺法人会は、来年度の全国青年の集い(大分大会)において、中国地区の代表として、租税教育プレゼンテーションにエントリー予定です。また、研修会では、長島愛生園、ハンセン病の歴史について、歴史館や各種施設を回り、学芸員や長島愛生園の自治会長からお話を伺いました。直接、現地を回り、お話を聞くことで、歴史を感じ、差別、人権について、改めて考える機会となりました。ひとりひとりが正しい知識、認識を持つことが、差別のない明るい社会づくりへと繋がっていくと思いました。

 

 平成29年10月30日第34回青年の集い瀬戸大会が備前市日生のサンバース・美晴旅館で開催されました。大会には県下から青年部会員等114名が参加し、瀬戸法人会青年部会による租税教育活動の事例発表などがあり、また、薬師寺副執事長 大谷徹奘氏による「幸せの条件」と題しての公開講演では、「身心安楽」「縁」などの人間関係の話があり、最後にお互いに目を見ながら大きな声で「よっぽどのご縁ですね」と言いあい、元気をもっらた講演でした。(写真左から、平田会長挨拶、講師 大谷徹奘氏)

 

 平成29年3月16日第33回真庭大会が開催されました。同大会は昨年10月に開催予定でしたが、台風のため中止となっていましたが、青年部会の熱意により、開催の運びとなりました。大会は、㈲クロフネカンパニー代表取締役社長 中村文昭氏の「出会いを活かせば道は開ける」と題した公開講演会で始まり、高校生を中心とした一般客が250余名という盛況で、講師も予定時間を大幅に超過する熱弁となりました。その後、井笠法人会青年部会による北海道大会の租税教育事例発表、青年部会員増強表彰の伝達がありました。(写真左から、講師 中村文昭氏、宮本会長挨拶、表彰部会)

 

平成27年10月22日に開催された井笠大会では、 井笠法人会青年部会の租税教育活動として岡山龍谷高校の生徒による消費税増税をテーマにしたディべートの事例発表があり、選挙権が18歳以上に改正されたことから高校生に税の制度や使われ方を考えてもらういい機会を提供できました。また、㈱ホンダ技術研究所 四輪R&DセンターLPL S660 開発責任者 椋本陵氏による「ものづくりに駆ける思い~ホンダ・S660夢を形に~」と題しての公開講演会では、講師が地元出身でもあり、中高生をはじめ一般の方が大勢聴講されました。 (写真左から、宮本会長あいさつ、部会員等の来場者、会場ホール展示の「ホンダS660」)

 

 青年の集い岡山西退会  (平成26年度 岡山西大会)岡山西法人会青年部会の主管により岡山コンベションセンターにおいて、中国短期大学保育学科教授角田みどり氏による「現代の子供ととりまく環境の現状と課題」の演題で公開講演を開催しました。

 

女性セミナー

各女性部会の連携及び活動の強化を図るため、各法人会が持ち回りで「女性セミナー」を開催しています。平成17年度に第1回が開催されてから、本年の岡山西大会で14回目を迎えました。 各女性部会から多くの部会員が参加しており、租税教室や税に関する絵はがきコンクールの事例発表を行うほか、親睦と交流も深めています。

令和元年9月3日 第14回女性セミナー(岡山西大会)が岡山ママカリフォーラムで開催されました。県下女性部189名が参加し、式典、租税教育活動の発表、記念講演会等が行われました。租税教育活動の事例発表を西大寺法人会、倉敷法人会、新見法人会の3単位会が行い、地域に根差した活動が紹介されました。講演会には、ロサンゼルスオリンピック金メダリスト森末慎二氏をお迎えして、「あくなき挑戦」という演題でお話を伺いました。

 

 

 H30.10.30 第13回県連女性セミナ(児島大会)が倉敷せとうち児島ホテルで開催されました。県下女性部会員192名が参加し、租税教育活動の発表、記念講演会が行われました。租税教育活動の事例発表は、岡山東法人会、高梁法人会、真庭法人会の3会に、それぞれの活動の工夫している点や、女性部会の交流について発表していただきました。また、記念講演会ではアパホテル㈱取締役社長の元谷芙美子氏に「私が社長です」という演題で、主婦業、社長業、ホテル業について楽しいお話を聴くこととができました。 DSC04133DSC04118DSC04095
H29.9.27第12回県女性セミナー新見大会が女性部会の会員等166名の出席のもと開催されました。租税教育活動では玉島、児島、津山法人会の女性部会が事例発表を行い、租税教室での出来事や新しい取り組みなど発表がありました。また、青島広志氏(ピアニスト、作曲家)による「歌があれば生涯幸せ!!」と題しての公開講演では、部会員のほか一般参加者429名と多くの参加があり、テノール歌手小野つとむ氏とともに大きな声で歌い楽しい時間を過ごしました。(写真左から、西本会長あいさつ、青島広志氏、小野つとむ氏、備中神楽)

 

(岡山東大会:H28.11.10)第11回岡山県法人会女性セミナー岡山東大会が朝日岡山東税務署長、大森岡山市長ほかの来賓を迎え、県下女性部会の会員出席のもと開催されました。租税教育活動の事例発表では瀬戸・玉野・倉敷法人会の女性部会から、工夫や悩み、楽しいことなど発表がありました。また、俳人・エッセイストの夏井いつき氏による「俳句は脳に効く ~句会ライブ~」と題しての公開講演会では、部会員や一般参加者の作った俳句の添削などもあり、17文字の難しさや楽しさを感じた時間でした。(写真左から、高田会長あいさつ、大森市長あいさつ、夏井いつき氏講演)

 

(倉敷・玉島大会:H27.11.5)租税教育活動の事例発表のほか、慶応義塾大学法学部教授片山善博氏による「地方創生と地域経済を考える」と題しての公開講演会、や倉敷・玉島地域の特産品を紹介する11店による物産展もあり、会員のほか一般の方も大勢参加されました。(写真左から、高田会長あいさつ、片山善博氏講演)

 

全国青年の集い北海道旭川大会<井笠法人会青年部会がプレゼン>

平成28年9月8日~9日に開催された北海道旭川大会において、(公社)井笠法人会青年部会は、全国から参加した約2600余名の青年部会員に対し、自会の租税教育活動の事例発表を行いました。内容は「高校生に納税の意義と役割及び社会や国のあり方を考えるきっかけとしてもらうこと」を目的にディペート大会を実施したもので、テーマは「消費税、軽減税率に賛成か反対か」です。また、活動事例の展示ブースでは、他会からDVDの申し込みが多数ありました。

井笠法人会事例発表 展示ブース

 

国税局長講演会

税務協力5団体(法人会、税理士会、納税貯蓄組合、青色申告会、間税会)の共催による広島国税局長講演会を開催し、財政や税務行政等に係る研修を行っています。

 (令和元年10月29日)税務関係5団体は、広島国税局長槇原耕太郎氏による「税務の話あれこれ」と題しての講演会を開催しました。5団体の会員等約190名余が参加の中、槇原局長は、広島国税局と他の国税局との比較や職員数、申告件数、会社数の推移などを簡潔明瞭に説明され、査察部長などの経験を踏まえ、査察調査の隠語や隠匿財産の状況など興味深い内容をお話されました。また、お酒の知識も豊富で、輸出から飛び切り燗、更には、パリでのご経験までにおよび、あっと言う間の1時間でした。講演会後の局長を囲む会は、これまでになく和やかで楽しいひと時でした。

 

  (平成30年10月15日)広島国税局長松浦克巳氏を招き「経済社会と税制の動向」と題しての講演会を開催しました。松浦局長には7月に着任以降、西日本豪雨災害の被災地である倉敷市真備町を視察されるなど、中国5県の実情把握や他の公務にご多忙な中、5団体の講演依頼にご快諾いただきありがとうございました。税務関係5団体の会員等約170名余の参加の中、松浦局長は、経済社会の動向について、人口動向と中国地方の観光の状況を詳しく説明され、経営のあり方等を示唆され、さらに、被災者への対応、事業承継等の改正、消費税軽減税率などについても説明されました。

 

 (平成29年10月16日)広島国税局長重藤哲郎氏を招き「日本の財政と国税の課題」と題しての講演会を開催しました。税務関係5団体及び一般来場者で約160名余の参加の中、重藤局長はこれまでのご自身の従事した仕事や当時の政治・経済の状況との係り丁寧に話され、参加者は熱心に聴講しました。また、国税の課題については、広島国税局・署の定員の状況や中国5県の徴収決定済額等の比較を詳しく説明されました。

 

(平成28年10月31日)広島国税局長鑓水洋氏を講師に迎え、「我が国の財政と税を考える」と題しての講演会を開催しました。鑓水局長は税負担の国際比較から今後の税制のあり方まで幅広く丁寧に説明され、参加した各団体の会員等190名余は熱心に聴講し、なかにはメモする参加者もいました。

 

(平成27年10月20日)広島国税局長志村仁氏による「我が国を取り巻く経済・財政事情と最近の税務行政」と題して、パワーポイントを使用した講演に、各団体の会員及び一般来場者の計約160名余は熱心に聴講しました。また、講演後の質疑では、分かりやすく丁寧に説明されました。

 

全国女性フォーラム

H30年度〈山梨大会〉

平成30年4月12日に第13回法人会全国女性フォーラムがアイメッセ山梨にて開催されました。 岡山県下法人会からは49名が参加しました。

image1 image2 IMG_1756

記念講演会は元NHKエグゼグティブアナウンサーの国井雅比古氏に「小さな私と旅~人との出会いと発見~」というテーマで、これまでの取材を通してのそれぞれの地域で生活する女性の力強さについてのお話を聞かせていただきました。 会場には全国の「税に関する絵はがきコンクール」の優秀作品が展示され、岡山県からも13点が展示されました。また、岡山東法人会の全法連女連協会長賞の作品は大会式典前にスクリーンに上映されました。

54_展示 税の絵はがき展示⑦ 48_展示 税の絵はがき展示①

 

平成31年度〈富山大会〉

平成31年4月25日(木)に第14回全国女性フォーラムが富山産業展示館で開催されました。岡山県下単位会からは48名が参加しました。

富山県下単位法人会の租税教育活動の発表があり、他の会の活動を知る機会になりました。会場には全国の絵はがきコンクール優秀作品が張り出され、全法連女連協会長賞を受賞した児島法人会の作品は大きく展示されました。

記念講演会は俳優、映画監督の奥田瑛二氏に「わが映画人生」というテーマでお話を伺いました。

IMG_3018 IMG_3012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップに戻る