ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

法人会とは

法人会は、税に関する活動で、企業や社会に貢献します!

法人会とは、70年を超える歴史をもつ、約80万社(平成28年12月現在)が加入する団体です。
税のオピニオンリーダーとして、税の活動を中心に企業の発展を支援しています。
「税の知識が身につく」「人脈が広がる」「地域社会に貢献できる」などのメリットがあります。

税の提言活動

公平で健全な税制の実現を目指して会員企業の意見や要望を反映しながら、
税のあるべき姿や将来像を見据えて建設的な提言を行っています。
法人会の提言活動は、法人税率の引き下げなど、
中小企業の活性化に資する税制の構築に寄与しています。


税と経営の研修

税務署の講師や税理士による税務研修会、決算法人説明会、年末調整説明会など、
様々な研修会を開催しています。
また、企業の税務コンプライアンス向上のための取り組みとして、
自主点検チェックシートの活用を推奨しています。


税の啓発活動

女性部会が主体となり、小学生を対象に税をテーマにした絵はがきコンクールを実施しています。
また、e-Tax普及を目的とした広報や、
国税局等が主催する中学生の「税についての作文」事業を後援するなど、
税の普及・啓発活動に取り組んでいます。


租税教育活動

次代を担う児童の皆さんに、
税がこの社会で果たしている役割の重要性を正しく理解し、関心を持っていただくため、
租税教育用テキスト等の刊行や、法人会役員・青年部会員が「租税教室」を実施するなど、
多彩な租税教育活動を展開しています。


▲ ページ先頭へ戻る

ページトップに戻る