ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

お知らせ

第8回税制クイズ大会

たくさんのご応募ありがとうございました。

なお、下敷きに誤植がありました。大変申し訳ございませんでした。誤植が「問5のヒント」となる場所であったので、問5は全員正解とさせていただきました。

答えは、次のとおりです。5問(全問)正解者にはと図書カード、4問以下正解者にはシャープペンシルを学校様を通じてお渡しさせていただきますので、しばらくお待ちください。

 

「第8回税制クイズ大会」 答え及び解説

問1 私たちが出したごみを集めて燃やす費用に、税金が使われている。

答え 「  」  

解説:平成28年度の全国のごみ処理費用として、総額2兆3,259億円の税金が使われています。これを、国民一人当たりにすると約18,300円もの税金が使われていることになります。

 

問2 小学校で使う教科書は、おうちの人が学校にお金を払って買っている。

答え 「 ✖ 」  

解説:税金は、私達が豊かで安全な暮らしをするために、公共施設や公共サービスに使われています。その公共サービスの中には学校教育も入っており、小学校の運動場にある「ジャングルジム」や「鉄棒」のほか教科書も税金で購入されていますので、おうちの人が学校に教科書の代金を払うことはありません。実は、教科書の裏側に0円って書いてあるので、見てくださいね。

 

問3 スーパーマーケットでノートを買ったら、所得税を払います。

答え 「 ✖ 」  

解説:買い物をした時は、商品代金と一緒に消費税を払っています。2019年10月に消費税率が10%に上がりました。しかし、外食やお酒などを除く、人の飲食料品と定期購読の新聞は8%の軽減税率が適用されます。

 

問4 税金を、どのように使うかを決めるのは、税務署の職員である。

答え 「 ✖ 」  

解説:「税務署」というところは、税金を集める仕事をしています。集められた税金をどのように使うのかは、「国会」というところで、選挙で選ばれた国会議員が、話し合って決めています。総理大臣は国会議員で一番偉い人だけど、税金の使い道を、一人で決めることはできないんですね。

 

問5 国の税金の使い道の中で、医療費や年金などの社会保障費が、一番多く使われている。

答え 「  」  

解説:国の税金の使い道の中で、一番多いのが社会保障費で、約35兆円が使われています。

 

答えと解説は、こちらからダウンロードすることもできます。

 

      

 

 

 

ページトップに戻る