ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

組織図・活動方針


 

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

 

 

 


29年度

 

組織図

 

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   阿部 則樹

 

グループ1は、年齢的にも各企業の第一線で活躍され、青年部会でも年長者として経験豊富なメンバーで構成されています。
そんな中で部会長方針のもと、主にグループ間での親睦を中心として同世代間の結束を固め、より多くのメンバーがグループ活動に参加でき、さらには全体事業への参
加率アップを図りたいと考えています。
そして本年度の目標でもある「会員増強」を個々に意識してもらい、結果を残せるような活動をしていきます。

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  柿本 好英

 

グループ2は、親睦を深めることを目的とし活動致します。
同世代の親睦を深めることで、少しでも法人会のことを好きになってもらい、積極的に全体事業への参加を促せるような環境づくりを心掛けます。
さらにそこから「会員増強」の一助となれるよう努力致します。
他のグループよりも構成メンバーはやや少ないですが、その反面、より一致団結できると信じ、一人でも多くのメンバーが活動に参加し、意見を言い合えるような環境を目指します。
そんな同世代の熱い集団になりたいです。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  川端 安利

 

グループ3は、部会長方針『結~ゆい~』に則り、グループ内の結束を強めることは基より、会員増強活動における新入会員の受け皿として、参加しやすいグループワークショップを念頭に企画してまいります。
具体的には講演会を主とした勉強会を行い、その後懇親を図る機会を多く持ちたいと思います。
その中で、新入会員を含めた会員同士の交流を培っていくと共に、各事業への参加率向上を目指すアナウンスの場とし、法人会活動への積極的な参加への入口となれるようなグループ活動にしたいと考えています。

 

 

グループ4 ( G 4 )          幹事長  三上 裕樹

 

グループ4は、部会長方針でもある『結~ゆい~』をモットーとし、一番若いメンバーでアグレッシブなワークショップを試みたいと思います。
ワークショップは年3回の目標で、会員の皆様が参加しやすい環境作りをし、出席して「プラス」になる企画を考えています。
新入会員の方々にも満足していただけるでしょう。
心に残る、最高な一年にします。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  猪飼 一文

 

総務委員会は、4月に行われる全体事業「通常総会・懇親会」と、年間を通して「理事会」の運営を行います。
青年部会での重要な役割を担っている2大運営を行うことで、本年度のテーマ『結~ゆい~』の如く、結束力のある委員会活動と委員メンバーの更なる飛躍を目指すとともに、目標として掲げられております「会員増強」へ向けた、各グループ・委員会への円滑な運営のサポートを心掛けてまいります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

会 員 増 強 委 員 会       委員長  山崎 智恵

 

会員増強委員会は、会員増強をメインにオリエンテーションと賀詞交歓会を担当致します。
本年度の軸でもある「会員増強」の目標人数達成や新たに入会された方の参加率向上の旗振り役として会全体の意識を高める行動に取り組みます。
ひとりでも多くの方に当会の良さを理解してもらい安心して全体事業へ参加してもらう為、また新たに入会された方の同期交流の場として適宜オリエンテーションの企画を考えます。
賀詞交歓会では、新年最初の事業として魅力的かつ世代の枠を超えた交流によって実りある内容を目指します。

 

 

交 流 委 員 会        委員長  伊東 沙紀

 

交流委員会は、会員の皆様が全体事業だからこそ、世代を超えた「交流」を図ることができる事業を企画致します。
青年部会に入会して間もない方、長年会員の方、これから仲間になっていただく方、入会歴の長さに関係なく皆様が思わず参加してみたくなる、参加して良かったと思える全体事業を委員会メンバー一丸となって企画・運営し、部会長方針の本年度のテーマ『結~ゆい~』に基づき、会員同士の縁を結ぶことができればと考えております。
皆様、交流委員会企画の事業へのご参加よろしくお願いします。

 

 

研 修 委 員 会        委員長  犬飼 裕貴

 

研修委員会は、本年度より研修会を主とした事業を企画・運営致します。
当委員会メンバーは入会歴が比較的浅い方が多く、新入会員側からの視点に立った新しい発想で皆様が参加したくなる様な事業の立案を行っていきたいと考えております。
当事業が新規入会のきっかけとなり、新入会員と既存会員が親睦を深め、法人会への定着を促せるような事業にしていきます。
本年度のテーマである『結~ゆい~』の通りに委員会メンバーと一致団結して運営してまいります。
よろしくお願い致します。

 

 

サ ッ カ ー 委 員 会      委員長  渡邉 尚徳

 

本年度で小学生サッカー大会“あおなみカップ”は24回を迎えます。
先輩方の創り上げてきた内容を次世代へ繋げていくためには、シンプルで分かりやすい大会運営となることが重要です。
反面、大会当日には本会、女性部会、青年部会をはじめとして中学生ボランティアなど多くの方々の協力が必要であると考えており、そこへ新入会員が加わることにより、中川法人会でしか経験できない地域貢献を実感できる事業となるよう、委員会メンバー全員が結束して企画・運営を行ってまいります。

 

 

 

 

ページトップへ


28年度

 

組織図

 

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   加藤 隆幸

 

昨年度に引き続き、部会長方針の下、主に親睦を図ることを目的とし活動します。
昨年度御卒業された方々が多数いた為、活動メンバーは減少しましたが、今まで以上に自己研鑽し合える活動に努め、参加しやすい環境作りと、声掛けに心掛け、より一層『つながり』を深めて頂きたいと考えております。
また各事業にも積極的に参加し、事業を通じて会の発展に寄与出来れば幸いかと思います。

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  太田 幸成

 

グループ2は、昨年のワークショップを通じて自己研鑽し、親睦を深めた仲間と共に、更にステップアップした、友好が深まるグループ活動を提供していきます。
さまざまな『つながり』を同世代の仲間と経験し、本年度が終わる頃“今年も青年部会にいて良かったな”と思い起こせるような意義ある活動をし、法人会への意識をさらに高めていきたいと思います。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  杉江 竜太

 

グループ3の活動は、引き続きグループの担ってきた「親睦」を大切にし、全体事業やサッカー大会への参加率の向上を目指していきます。
また今年度も11月の税を考える週間においては、青年部会会員をターゲットとした租税教育も計画しています。
特に意識していきたい事として、次年度においては正副や理事が担える人材をきっちり育成し、今後の青年部会がつながって行く様に活動していきます。

 

 

グループ4 ( G 4 )          幹事長  伊東 沙紀

 

グループ4は4つあるグループの中で一番人数が多いグループとなりました。
グループの中で『つながり』をより深めて懇親を図り、一人でも多くの方に全体事業にも出席して頂きたいです。
懇親メインの楽しいワークショップはもちろん、出席して頂くと何か得るものがあるような、為になるワークショップまで色々な企画を考えていきたいと思います。
より多くの皆さんが参加しやすい活動をしていきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  佐藤 圭

 

総務委員会は昨年同様、全体事業「通常総会・懇親会」と「賀詞交歓会」の企画運営、そして、年間を通して「理事会」の運営を行います。
1年間培った経験と委員会内で築きあげた『つながり』で一丸となって取り組み、委員会メンバー全員のレベルアップに努め、会員の皆様が『つながり』を感じられる場を作るために円滑な事業運営や理事会運営を心掛けていきます。
皆様宜しくお願い致します。

 

 

第 1 交 流 委 員 会       委員長  小澤 広多

 

昨年度に引き続き「家族会」の企画・運営を致します。
今年度は会員、奥様、お子様全ての参加者が力を合わせて行う事業を企画したいと考えております。
普段はご家族と触れ合う事が余り無い方々には絶好の機会となるよう、我々メンバー一同、努力して参ります。
その先に新しい『つながり』が生まれることを目的とし、第1交流委員会の集大成となる事業にしたいと思います。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

第 2 交 流 委 員 会       委員長  川端 安利

 

第2交流委員会は新たなメンバーと共に昨年度から引き続いて研修会を担当します。
多種多様な形ある『つながり』という部会長方針のもと、自己啓発をテーマにしてどんな研修会が立案できるかを委員会で模索していきます。
研修会を通し、ひとつでも心に残る知見を得て頂き、社業の一助となるような機会をつくります。
また次代の育成という観点から、委員会メンバーがそれぞれの役割を的確に遂行できる組織作りに努めます。

 

 

サ ッ カ ー 委 員 会      委員長  朝日 昭貴

 

サッカー委員会は「第23回小学生サッカー大会」の運営を行います。
昨年度の経験を活かし、次代を担う人材の育成、大会の継続に必要な情報の精査・共有を主眼に置き委員会運営を進めていきます。
また、昨年度の反省点についても十分精査をし反映させていきます。
その結果、参加していただいた人すべてが、誇りに感じ、次年度以降も皆様にご参加、ご協力して頂ける大会にできるよう努力してまいります。

 

 

 

 

ページトップへ


27年度

 

組織図

 

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   加藤 隆幸

 

本年度、グループ1では、部会長方針の下、主に親睦を図ることを目的とし活動します。
経験豊富なグループメンバーだからこそお互いに自己研鑽しあえる活動に努め、参加しやすい環境作りと、声掛けに心掛け、より一層『つながり』を深めて頂きたいと考えております。
また各事業にも積極的参加し、事業を通じて会の発展に寄与出来れば幸いかと思います。

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  太田 幸成

 

グループ2は前年度からの継続メンバーが多く、結束力のある仲間で行動を続けられることが強みです。
前年培った仲間との強い『つながり』を大切にし、更に自己研鑽に努め、友好が深まるグループ活動を提供していきます。
入会歴に関係なく、同世代というグループの良さを利用し、一つでも多くの新たな『つながり』を皆で助け合いフォローしながら法人会への意識を高めていきたいと思います。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  杉江 竜太

 

グループ3の活動は、今までグループの担ってきた「親睦」という役割に加えて、法人会本来の役割であります「税の啓発」にも力を入れていきたいと考えます。
特に11月の税を考える週間においては、青年部会会員をターゲットとした租税教育を行っていきたいと考えます。
また年間の活動計画を皆で話し合って決定し、スムーズな運営にも心掛けます。

 

 

グループ4 ( G 4 )          幹事長  伊東 沙紀

 

私たちグループ4はグループ活動を通して会員相互の『つながり』を深めていきたいと思います。
昨年までの会員増強活動で多くの新しい会員さんも入会されました。
入会歴に関わらずなるべく多くの皆さんが参加しやすいグループワークショップを企画したいと思います。
まずはグループ内での関係性を深め、さらには全体事業や本会事業に1 人でも多くのグループメンバーの皆さんに参加してもらえるようにしていきたいと思います。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  佐藤 圭

 

総務委員会の役割と致しまして、4 月に行われる全体事業「通常総会・懇親会」と1 月に行われる「賀詞交歓会」の企画運営、そして、年間を通して「理事会」の運営を行います。
経験の浅いメンバー皆で学び、経験しながら委員会内の『つながり』を作り、会員の皆様に部会長方針の『つながり』を感じていただける場を作るために円滑な事業運営やサポートを心掛けていきます。
皆様宜しくお願い致します。

 

 

第 1 交 流 委 員 会       委員長  小澤 広多

 

第1交流委員会では「家族会」の企画・運営を致します。
会員のご家族が参加できる唯一の事業として、会員相互の交流はもちろん、ご家族同士も交流できる内容を委員会メンバー一丸となって進め、新しい『つながり』が創出できるよう邁進していきます。
その為に若いメンバーが中心となり、今後の法人会の活性化に繋がるような活動を心がけていきます。
皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

第 2 交 流 委 員 会       委員長  川端 安利

 

第2 交流委員会は「研修会」を担当します。部会長方針にあるように異業種交流という『つながり』をもつ法人会青年部会活動で、新しい知見を手にできるような自己研鑽は基より、それにとどまらず、さらに一歩踏み込んで社業に役立つヒントを得られることが研修会にとっての醍醐味だと考えます。
人として経営者として飛躍できるチャンスである研修会という機会を委員会一丸となって企画立案し、実行する所存です。

 

 

サ ッ カ ー 委 員 会      委員長  朝日 昭貴

 

サッカー委員会では、「第22 回小学生サッカー大会」の運営に携わってまいります。
当事業は青年部会のみではなく本会、女性部会、さらには地域社会との連携が必要となってくる事業であります。
その為にも部会長方針でもあります、『つながり』を感じながら、委員会メンバーその他スタッフとも密な関係を築き、今後とも永続できるような大会運営を目指して委員会運営を進めていきます。
皆様宜しくお願いします。

 

 

 

 

ページトップへ


26年度

 

組織図

 

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   安藤 隆典

 

本年度は柔軟な思考による発想の転換ができる若い力を重用して青年部会の世代交代による相互扶助精神の希薄化を防ぐことと未来へとつながるより確かな方向性を示すことができるように活動し、青年部会全体の更なる活性化と意識の向上を目指します。

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  山崎 智恵

 

グループ2では、仲間との絆を深める事でモチベーションアップを目指します。

新しい仲間との楽しい時間をグループ が提供できるように努め、公私ともに青年部会メンバーとかかわる事で日々の活力となり、法人会への意識が高まるようなグループ活動を考えます。

新風を吹き込まれたグループ2が青年部会の新たな扉を開くパワーとなるように・・・ 明るく、前向きなグループを目指して、31年目の青年部会を一緒に楽しみましょう!

宜しくお願いいたします。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  猪飼 一文

 

グループ3は、グループ3所属の昨年度入会された多くの皆様が、青年部会に慣れ親しみ、かつ会員相互の関係づくりの推進を主な目的とできるような懇親会を、本年度は企画してまいりたいと思います。

私も青年部会に入会した当時は、ほとんど知り合いの方もおらず、青年部会に馴染むまでに時間がかかりましたが、そういった部分を補えるような活動ができればと考えております。

よろしくお願いします。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  川端 安利

 

2年任期の折り返し地点を迎え、多くの会員も加わり更なる飛躍を遂げる青年部会を総務委員会は若い世代のチカラで支えます。

30周年を越えた本年度は『N・Generation』という青年部会のスローガンのもと、特に次世代を意識した運営を心掛け、理事会設営に伴う情報集約・資料作成を通して個々のスキルアップを身につけると共に、ひとりひとりが責務を果たす実力を備える委員会を目指し、青年部会全体の要所を形成します。

 

 

家 族 交 流 委 員 会       委員長  太田 幸成

 

本年度、家族交流委員会は同じメンバーで2年目を迎えるにあたり、昨年とは趣向を変え、中川法人会青年部会らしい、しかも、昨年度入会された皆さんにも親しみを持ちやすい家族会を企画運営していきます。

2年目だからできる内容を、委員会が一丸となって作り出し、家族や仲間が笑顔になれるひと時を楽しんでもらい、さらには『N・Generation』への架け橋になる事業となるように、メンバーそれぞれが努力をしていきます。

 

 

研 修 委 員 会       委員長  服部 繁雄

 

昨年度、会員育成委員会として、活動してまいりましたが、本年度は研修委員会として「自己啓発」を目的に事業を企画運営してまいります。

事業日当日は勿論のことですが、準備段階でも、次世代の育成と新世代の発掘を意識し、当委員会メンバーだけでなく、他の委員会、グループにもご協力頂き、積極的な活動をし、有意義な魅力ある事業を企画運営してまいります。

また、昨年度頂いた「縁」も本年度に繋がる活動をしてまいります。

 

 

名 古 屋 法 人 会 担 当 特 別 委 員 会     委員長  加藤 隆幸

 

名古屋市内で活動している他部会(東・千種・北・中村・西・中・昭和・熱田)との交流事業を企画し運営致します。

名古屋法人会に参加する事で当青年部会だけに留まらず、様々な方々と交流し、視野を広げる事で、自ら考え学び吸収し今後の活動に役立て、当青年部会が更に飛躍し、事業を通じて次世代の育成と新世代の発掘に繋がる事が出来れば幸いかと思います。

 

 

 

 

ページトップへ


25年度

 

組織図

 

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   安藤 隆典

 

G1 は会員増強と育成を念頭において、自己研鑽や人脈作りの場を提供していきます。

『縁』で集った我々個々の「点」がより親睦を深め、精力的に活動していくことが近い将来、何らかの形で繋がり、実を結ぶことを信じて。

今、G1 は動きます!

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  山崎 智恵

 

ワクワクするような楽しい企画や誰でも気軽に参加出来る雰囲気を、皆さんで考え、法人会活動を楽しむことを一番の目標とする年度『縁』を笑顔でつなげられるグループを目指し、同世代に限らず、多くの皆様に参加していただく事で節目となるこの30 周年をより心に残る素敵な一年になるよう精一杯活動しますので皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  猪飼 一文

 

今年度青年部会創立30 周年を迎えるにあたり、これまで以上に会員同士の関係を作り、お互い良き仲間が増やせる機会をグループ活動を通じて設けていきたいと考えております。

G3は次代を担う特に若いメンバーで構成されていますが、グループ活動を皆さんが気軽に交流できる場としてぜひ利用して下さい。

今年一年微力ながら節目の年にふさわしい活動が出来ればと考えております。

宜しくお願い致します。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  川端 安利

 

これまでになく若いメンバーで構成される総務委員会は「青年」たる若々しさを強みとして30 周年を迎える青年部会全体を引っ張っていきます。

若さゆえ経験の浅い分、理事会の運営に伴う情報の集約・発信を通して個々のスキルアッップを促し自信につなげ青年部会の要としての責務を果たし、『縁』というテーマに則った部会長の想いを各幹事長・各委員長と連携してそれぞれの事業という型で昇華させ青年部会の魅力向上に努めます。

 

 

家 族 交 流 委 員 会       委員長  太田 幸成

 

家族交流委員会は今年度「家族会」の企画運営をいたします。

会員の皆様が気持ちよく家族を誘い出せる事業にするため、委員会メンバー全員で知恵を絞り企画運営していきます。

今年度は「30 周年」をキーワードとし、小さなお子さまから大人まで楽しく参加できる事業を企画しております。

それにより法人会に対する家族の理解を得て、より一層青年部会の事業に力が入るようになればと考えております。

 

 

会 員 育 成 委 員 会       委員長  服部 繁雄

 

30 周年記念事業に向けての会員拡大活動、全体事業である「講演会」の企画運営をいたします。

これまでに頂いた『縁』を繋げ、新たに築き、ご入会頂いた方を対象にオリエンテーションを開催いたします。

全体事業である「講演会」では自己啓発を目的とし、魅力溢れる講演会を目指してまいります。

そのためにも、まずは委員会メンバーが襟を正し、多くの方に入会頂けるよう魅力溢れるメンバーになる努力をしていきます。

 

 

3 0 周 年 特 別 委 員 会     委員長  加藤 隆幸

 

本年度、青年部会は創立30 周年の大きな節目の年となります。

先輩諸兄が築き上げてきた歴史を受け継ぎ、記念式典には既存の会員はもとより次代を担う会員の方々が参加して頂いた時に、当会の素晴らしさや歴史を感じて頂き今後の法人会活動へのモチベーションを高め次世代へ繋がっていくことを期待し企画運営いたします。

 

 

ページトップへ

ページトップに戻る