ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

組織図・活動方針

令和2年度

 

組織図

 

 

※ 令和元年度組織図

※ 平成30年度組織図

※ 平成29年度組織図

※ 平成28年度組織図

※ 平成27年度組織図

※ 平成26年度組織図

※ 平成25年度組織図

 

グループ活動方針

 

グループ1 ( G 1 )          幹事長   安井 晋吾

 

新しい時代が幕を開け、ICTやAI等の技術はここ数年、凄まじいスピードで進化して、現代の私達は非常に便利な暮らしをしています。
しかし反面、何故か物寂しさも感じ、もしも一瞬で機能しなくなったらと危惧もします。
それは大切な何かと引換えに手に入れているからではないでしょうか。
今までも、これからも削ぎ落としてはならないのが『和』の心、伝統、技術であり、そして下支えするのが、実は個々の「こだわり」ではないかと思います。
一途にこだわって生きている人は光り輝いていて、そこから生まれた物は輝き続けると考え、グループ1ではそれを共有して学び、互いに研鑽しあえる人間関係を目指します。
今こそ頑張りましょう、日本!!

 

 

グループ2 ( G 2 )          幹事長  森 真悟

 

グループ2は、「和」をテーマとした「輪」を築いていこうと考えています。
会員増強から2年経過した今年度、会員定着が課題となっております。
魅力探求をした流れからの本質を極め、グループを超えた多くの会員と意見を交わし自主的に参加できるワークショップを進めていきたいです。
昨年度同様、青年部会だからできる魅力的活動、そして共有した仲間が和の繋がりをもって地域、仕事に役に立つ関係を築けたらと考えています。
結果として会員定着となり、輪が和になっていき次世代に繋がる会になっていくことを期待し邁進してまいります。

 

 

グループ3 ( G 3 )          幹事長  小川 春樹

 

幹事長に就任し、まずは1年目を振り返ります。
「魅力探求」という部会長方針の下で懇親会を中心にビアガーデン、ボウリング大会、ワインセミナーと計3回開催しました。
出来るだけ参加しやすい雰囲気を作るよう心掛けましたが、参加率は半分程でした。
2年目はとにかく1度だけでも参加していただけるよう、副幹事長、幹事と和を以て企画していきます。
新型コロナウイルスなんかに負けない熱いグループ活動をしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

グループ4 ( G 4 )          幹事長  伊藤 重将

 

グループ活動は会員同士の親睦を深め、法人会の根幹となる活動と捉えております。
昨年度培った人間関係を基に一歩踏み込んで自分の考えを伝えあうことでより良いワークショップを開催し、参加して良かったと思う集いにしていきます。
洗練された企画を経験することで参加したグループメンバーの皆さんとは「人の繋がり」を感じて頂きながら懇親を深めて参ります。
グループ4の皆さん、様々な進歩により変化が必要ではありますが、変わることのない「人との繋がり」をつくりますので奮ってのご参加をお待ちしております。

 

 

グループ5 ( G 5 )          幹事長  奧平 竜二

 

グループ5の活動方針ですが、年号も新しく変わり日本が注目される年ですので、今年は思いやりの心を大切に会員同士協力しあい、全体事業の魅力を伝える事をワンチームで取り組んでまいります。
ワークショップにおいては、同世代の親睦を深める事を大切にし、昨年以上にグループ内のメンバー全員が参加していただけるように活動していきたいと思います。
幹事メンバーでグループを盛り上げ多くの出会いを生み出し、会員の事業発展に繋がるように魅力ある活動を行っていきます。

 

 

グループ6 ( G 6 )          幹事長  恒川 善光

 

グループ6の活動方針ですが、「和睦」をテーマに活動します。
昨年度で新しく参加して頂いた会員の方や今まで参加して頂いている会員の方はもちろんのこと、今まで法人会活動になかなか参加できなかった方々になんとか参加して頂き、和睦の意味でもある「うちとけて仲良くすること」を実現していこうと活動していきます。
そして今年度はグループ6幹事長としても最後の年になりますので次世代の担い手育成と、個人的ですが最後の活動まで楽しんで責務を全うしようと考えます。
幹事メンバーや会員の皆様、今年度も宜しくお願いします。

 

 

 

委員会活動方針

 

総 務 委 員 会          委員長  小倉 英嗣

 

本年度、総務委員会は「理事会の運営」と全体事業1「第37回通常総会・懇親会」を担当させていただきます。
当委員会は皆さまが各事業での交流を深め、情報の集約と発信ができる状態を作ります。
部会長方針の『和』をもって皆様が交流を深められるような環境を下支えできるように努めていきます。
委員会としては2年制の2年目ではありますが、委員長としては1年目となります。
新理事も迎え、委員会メンバーは昨年以上に新たな顔ぶれとなりました。
全体事業やグループ活動の『和』をより活性化できるよう活動してまいります。

 

 

交 流 委 員 会        委員長  三上 裕樹

 

今度の交流委員会は部会長方針のテーマ『和』にあるとおり、集団における秩序と調和が重要であると考えています。
そこで会員交流に重きを置き、参加者全員が調和を取りつつ、一丸となれる雰囲気を創造し歴史と伝統を感じて貰える、そんな交流会にしたいと想います。
今までにない交流会を企画致しますので、会員の皆様、是非期待していて下さい!
Let’s get excited with us.(私たちと一緒に盛り上がりましょう)

 

 

研 修 委 員 会        委員長  竹内 祐介

 

研修委員会は、事業に参加して頂いた皆様の自己啓発になると共に、共通の目的に向かって仲間としっかり議論する場を提供することで、今年度のテーマである「和」の意識を多くの会員と共有し、今後の青年部会の活性化につながるような事業を目指します。
そのためにはまず委員会メンバーが「和」を大切にし、メンバー自身が楽しんで事業に参加できるような企画を、役職・年齢に関係なく熱く議論していくことが重要だと考えます。
そして事業終了後には委員会メンバーが達成感を味わうことで、委員会メンバーの「和」がさらに深まるように活動していきます。

 

 

サ ッ カ ー 委 員 会      委員長  朝日 昭貴

 

当委員会は昨年に引続き小学生サッカー大会「あおなみカップ2020」の運営を行います。
昨年までの経験を活かし、青年部会の歴史と伝統も継承できるよう次世代育成に励みます。
昨年度の反省も十分に行い、歴史あるこの大会の魅力が参加していただける会員に伝わるよう大会運営を行います。
また、教育改革の転換期となる今期ですが、多くの小学生にとっても記憶に残る思い出の大会となるよう目指します。

 

 

賀 詞 交 歓 委 員 会       委員長  風岡 一城

 

賀詞交歓委員会は、新春のご挨拶の場を設けるとともに、参加者の心を和ませ、一体感を感じられる賀詞交歓会を開催いたします。
委員会では、各メンバーがさらに相互の関心と理解を深め、個性豊かなスキルを存分に発揮できるよう、コミュニケーションを重視した活動をしてまいります。
また、事業の成功に向けて、開催までの期間においてグループ間の交流をはじめ、青年部会全体との協調を図り、一つのチームとして新たな試みにも果敢にチャレンジしてまいります。

 

 

 

 

ページトップへ

ページトップに戻る