ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

青年部会

青年部会活動状況報告

租税教育『施設見学』

租税教育『施設見学』租税教育『施設見学』

青年部会は、令和3年8月20日に管内小学校高学年児童を対象にした社会貢献活動の一環として、完成したばかりの上越消防署を見学訪問しました。当日は、小学生54名が参加し、青年部会9名が引率しました。子供たちは、消防署の方の説明を真剣に聞いたり、消防車や救急車などの大型車両に目を輝かせていました。特に特に、石油コンビナート・化学プラント等の特殊被災への備えに特化して上越消防署に組織されいる「エネルギー・産業基盤災害即応部隊」(ドラゴンハイパー・コマンドユニット)の中核車両として総務省消防庁から日本海側で初めて配備された高性能特殊車両に関心が集まっていました。
 子供たちからは、「24時間交代で働いていることを初めて知って、大変な仕事だと思った。」「消防車や救急車がたくさんあってびっくりした。」「けむり体験が楽しかった。」などの感想が寄せられました。

租税教育『税の勉強会』

租税教室 上越市立高士小学校租税教室 上越市立和田小学校

租税教室 上越市立大和小学校

青年部会では、管内の小学校授業の中で租税教室を開催しています。青年部会会員が講師になり税をわかりやすく解説したり、「税のなくなった社会」のビデオを見て子供たちに税について考えてもらうよう工夫し、大変好評を得ています。また、税の絵はがきコンクールの募集の関係もあることから、毎年女性部会がすべての学校に参加して、応募のお願いをしています。

 

令和3年度 11月29日 上越市立高士小学校
12月 6日 上越市立和田小学校
12月 9日 上越市立大和小学校

税の広報活動『税金クイズ』

税の広報活動『税金クイズ』

毎年、高田本町商店街で開催のイベント「SAKEまつり」会場において、一般市民の方々に税について考えていただくことを目的に税広報の一つとして税金クイズを行っています。
令和元年度は、高田税務署の皆様からも応援をいただき、部員と一緒に会場で広く参加を呼びかけました。その結果139名の皆様に税金クイズに挑戦してもらい、回答者全員にクイズの答えと粗品をプレゼントしました。
しかし、令和2年度・3年度はコロナ禍のため、商店街イベントが中止となったことから、当会の税金クイズも中止としました。

≪青年部会・女性部会合同≫高田税務署訪問
「高田税務署長および法人課税部門との懇談会」

懇談会

毎年、高田税務署を訪ね、税務署長はじめ幹部の皆様と青年部会・女性部会の合同懇談会を開催しています。令和元年度は、出席者全員の自己紹介に続き、着任間もない井澤署長へのインタビュー、また税務署の各担当統括官から税に関わる有用なお話をいただく等、内容の濃い意見交換の場となりました。その後昼食を摂りながら懇談が進み、最後は税務署の前で集合記念写真も撮らせていただきました。しかし、令和2年度・3年度はコロナ禍のため、中止としました。

ページトップに戻る